SHOPページへ
     

Garden

 
   

かつてはMerzbowとして秋田昌美とデュオを組んでいた水谷聖。ソロ活動開始後は精力的に良質の実験電子音楽作品をリリースしている。そんな水谷のできたての最新作は、米国のDaniel Menche とのコラボCD。

水谷本人がフィールド録音した音源をベースに制作。セミや虫の鳴声等の夏を想起させる音源をベースに、Daniel MencheがRe−MIX。                                     60分以上に及ぶトラックだが、聴いていてあきさせることがないのは、さすがに水谷+ダニエルという最先端コラボの手腕。

 

スリーブには、ラフカディオ・ハーンからの次のような引用が・・・。

I do not know what human sentiment the principal division of my garden was intended to reflect; and there is none to tell me. But as a poem of nature it requires no interpreter.

私はこの第一の庭が、どのような人間の感情を反映するよう作られたのか知らないし、 また今それを語ってくれる者もいない。しかし自然の詩としてそれを見るならば、説 明は不要なのだ。

--ラフカディオ・ハーン『日本の庭』 より

 
     

Auscultare/Ground Faultより リリース(CD)

価格:2000円