japanoise.shop
JAPANOISE.RECORDS      RECOMMEND NOW      ELECTRONICS     GUITAR/BAND

japanoise.shopは先鋭的音源のマーケット。なかなかお目にかからないレア音源もある。ここをチェックしなければ日本の創造的音楽の全体像は語れない!  

CD/CDR購入方法

ジャパンネット銀行口座が利用可能となりました。NEW  手数料も割安となり利便性が高まりました。

●また郵便振替も利用できます。

●送料は商品一点につき各200円です。   ●複数枚申し込み、反復申し込みの方には割引特典がございます。            TOP

ご注文はこちらから

ORDER

ELCTRONICS 1, 2, 3 ,4

水谷聖/works 1989 - 1991    [povertech industries/価格:1500円]

1989年に秋昌美主宰のレーベルZSF PRODUKTからリリースされたLP"the same thing makes always her laugh"の3曲に、カセットでリリースされた3曲を加えて構成。 それぞれがまったく異なる感触を湛えた硬質な電子音楽となっている。収録曲= 1. Cross off、 2. Guitars on M.T.L、 3. Character assassination、4.CEMETERY 2(1991)、 5.EXFOLIATION(1991)、 6.VARIATION(1990) 特に最初の3曲は異様にテンションが高い。「現在、メルツバウ=秋田昌美という図式が定着しているが、この音盤を聴くと「もうひとつのメルツバウ」がそこに厳然と立ち上がって来るのが感じられ、興奮を禁じえない。」(MC) (CD)[関連記事

●NORD /December Calling  [japanoise.net 01/価格:2000円]関連記事

2003年に15年にわたるデュオを解消した伊藤真(まく)−片山哲によるNordの、今となっては聴くことのできない貴重なライブ音源。02年に閉店した湯島のギャラリ−KAIZENにおけるインスタレーションとのコラボライブで、轟音サイケデリックの彼らの作品系列としても異色の演奏となっている。伊藤と片山による即興的パフォーマンスは、前半ではアンビエント・ノイズにも通ずる瞑想的な音空間を構築。後半では無国籍的な混沌としたノイズ空間が現出する。 「ノイズの合間から聞こえてくるさまざまな音の断片は、目覚めと眠りのはざ間で浮かんでは消えるきれぎれの夢を連想させる。ハーシュノイズとは異なる、暗く冷え冷えとした空間に置き去りにされたような感覚は、NORD=北にふさわしい。」(ELMA上田)(録音時間:約60分/Cdr)

●NORD/Electronic Initiation [完売 [Kinky Music /価格:2200円] 

2003年に15年にわたるデュオを解消した伊藤真(まく・現ITO)−片山哲のNORDは、ジャパノイズのマニアックな側面を担ってきた。現在はそれぞれが別個に活動。伊藤真(まく)はITOを立ち上げたことは周知のとおり。本盤は、伊藤−片山が残した公式フルアルバムである。 「シャーマニックな要素を内包した高純度のノイズ音楽」(LOS APSON山辺店長)。 「静謐ななかに静かな狂気が漂う、サイケデリック・メディテイション」(電子雑音)。 (CD) 関連記事

 

●K2/ "Sexencyclopedia" 4xCDs set  [Kinky Music Institute/価格:5500円]

未発表音源からなるdisc 1、過去の作品のリミックスからなるdisc 2、INCAPACITANTSとのコラボ・ライブを含むライブ音源から成るdisc 3、そして、新録トラックから成るdisc 4. 金属音はもはや、歪みまくり、それにエレクトロニクスが絡み合い、壮絶な大音量ハーシュ・ノイズの集大成となっている。「性の大百科事典」と言うタイトルは意味深。a must item! (Cd)関連記事 

 

●K2/The Rust:         [Kinky Music Institute/価格:2300円] 

「錆」と言うタイトル通り、硬質な金属音が緩やかに流れていると思ったら、突然カット・アップされ、ズタズタにされる、神経直撃のノイズ。重厚な音の壁の中から、立ち現れるのは、まさに錆び付いた風景そのもの。金属音のカット・アップと言う手法を使い始めた、まさに記念碑的作品(Cd)。

 

 

●MESSIER 31Unlimmited Cir culation   [japanoise.net /価格:2000円]

 2002年の1年間のみ活動を行って解散した、伊藤まく(NORD、現・ITO)+片山哲(NORD)+長谷川洋(ASTRO)という異色の顔ぶれによるノイズユニットが残した唯一の公式音源。アナログシンセサイザー等のエレクトロニクスを駆使して、ジャーマンロックにも通ずる瞑想的なノイズ音楽世界が展開される。凡百のハーシュノイズでは聴くことの出来ない音世界!「宇宙に昇って行くような、SPACYでHEAVYな演奏。最も注目すべきユニットである。敢えて言うなら HEAVY MEDITATION NOISE!」 (K2草深公英) 。(録音時間:60分/Cdr)

●ASTRO / Mesomorphic Phase    [japanoise.net/価格:2000円]

元C.C.C.Cの長谷川洋のソロプロジェクト・ASTRO。「ここで我々は鉱物的、といえるほどの硬質で純度の高い音響空間を体験できる。 ここでは、氷のように冷たい時間が流れていく。」 (NORD伊藤まく)  「これを聴きながら運転していると、どこか別の世界を旅しているような気分になる。これは最上のトリップミュージックである。」 (ELMA上田英生)(Cdr) 

 

石上和也+niko/ live at 全興寺 音空   [niko//価格:1200円] [関連記事]   

環境音的な独自のアプローチをするアーチスト・NIKOと、大阪で活動中の石上和也(ラップトップ+ミニアンプ)とのコラボ作品。 nikoは自作楽器とオモチャによるフィードバックを使用。バッテリーだけで済む 電気を出来るだけ使わないようにしようとしたライブである。      大阪の全興寺で、伽藍堂の戸を開け放して録音された音源。   (3“CDR)

 

水谷聖&Daniel Menche/GARDEN [完売] [Ground Fault/価格:2000円] [詳細

メルツバウ脱退後、ソロとして精力的に実験電子音楽をリリースする水谷聖。これは水谷と米国のDaniel Menche とのコラボCD。

水谷本人がフィールド録音した音源をベースに制作。セミや虫の鳴声等の夏を想起させる音源をベースに、Daniel MencheがRe−MIX。60分以上に及ぶトラックだが、聴いていてあきさせることがないのは、さすがに水谷+ダニエルという最先端コラボの手腕。聴きこむほどによみがえる幻の「夏の庭」!(CD)

水谷聖/Bird Songs 完売Ground Fault Recordings(海外盤)/価格:2000円]

自らフィールドレコーディングした野鳥の鳴き声等を素材に構築された、水谷の新しい世界を象徴的に示す作品。「野外録音による素材をベースにしているが、しかしそれは所謂「環境音」ではなく、水谷独自の音世界、あえて名付ければクワイエット・ノイズとでも呼ぶべき世界がそこに立ち現れている。」(伊藤まく)収録曲=1Binzui, 2. Toratsugumi, 3. Hokora no mizuba, 4. Tokyo bay bird Sanctuary, 5. Aokigahara,    6. Nimbo Sound of a city。(Cd)関連記事

NEXT>>

[Japanoise Shop へのお問い合わせは  shop@japanoise.netまたはこちらまで ]TOP