Live Review Arcive

jugz(from岐阜)/vegapop/ みみのこと/スズキジュンゾ+長久保隆一+諸橋茂樹+福岡林嗣(from OVERHANG PARTY)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LiveReview TOP

出演アーチスト
イヴェント名
開催時
スペース
報告者
Sachiko

N.A

N.A N.A 田中じゅり

Sachikoさんは恐ろしいね。すごい。 

もしサチコさんでライヴが終わってたらうちら道路に倒れてひかれて死んでたねと一緒に行った子と言い合ってたよ。

みみのこと ジュンゾバンド jugz VEGA POP  plunk's plan #9 11/8 高円寺       ペンギンハウス リカルド

夕べのペンギンハウスのライブ(NORDじゃないけど)の感想をば。

みみのこと    リズム隊がしっかりしてるバンドと言うものはそれだけで目論見の半分は成功してるようなもんだと思ってますが(笑) 今回はいつにもまして、激しかったように感じます。 勿論、ギターとボーカルがそれに負けてしまえば残り半分がおじゃんになってしまうのですが、 川口くんの存在感と言うか、成長ぶりも眩しい限りです。 歌の内容がオーソドックスなラブソングであるだけに、面白いバンドだと思います。

ジュンゾバンド   ソロとは全く違う面白味があります。 ソロがギターを弾く指先と囁くような歌い振りで静かに紡ぎ出す感じなのに対して バンドの方はかなり激しい。 それでも、ジュンゾくんの繊細さは内に秘められてるように感じましたが、 それがもっとさりげなく、こぼれ落ちるようになるともっと面白くなるんじゃないかと。 いずれにしろ、これからも期待大のバンドでしょう。

jugz    初めて拝見しましたが、独特のじれったさと言うか、拙い不器用な感じ(巧いんですけどね)が、妙に癖になりそうな、気持ちのいいバンドでした。 カーニバルと言う曲は、サイトの方で拝聴してたんですが、生の方が断然、カッコイイです。(当たり前か。) メロディーラインが何かに似てるなぁと思ったんですが、斉藤由貴の「青空のかけら」。 でも、雰囲気の不思議さは、初期の四人囃子の「お祭り」(!)と言う曲に近いかも。

VEGA POP    It's only Rock'n Roll、メッセージなどないと言うストレートなメッセージが気持ち良かったです。 普通は、そう言う矛盾したメッセージを孕んでると、思い悩んだりして中途半端になってしまうと思うんですが、 正攻法で、危なく、しどけなく、力強く、イカスバンドだと思います。 音も良かったし、三人編成になったのでペンギンハウスのような小っちゃなハコで観れてラッキーでしたが、 去年法政ガッカンで観たせいか、大きなコンサートホールで飛び回ってるのをまた観たいですね。

アートリンゼイ     原美術館 田中じゅり

アートリンゼイはやはしロックバンドをやっていた所以に 一弦はじいたりぼそぼそつぶやいただけで 私の肉体の忘れてたある部分がふつふつと沸いてきて 狂いそうでした。みんなこうしてロックに狂うのですね!

みみのこと plunk's plan #9 11/8 高円寺       ペンギンハウス 伊藤まく
川口さん、どぉもー。こちらこそ楽しい音楽をありがとうございました。                                みみのこと、とってもよかったです。リカルドさんも書いてたけど、西村さんのベースも志村さんのドラムもパワフルでめちゃうまいんだけど、川口さんの歌とギターがそれにちゃんと拮抗しているんですよね。   こういうことが自然にできるっていうのは、アメリカなんかでは多分、それまでのポップスやR&Rの枠が壊れたサイケデリックの頃からだと思うけど、日本ではごく最近の気がするんですよ。