japanoise.net
LAP DANCER  

米国人Noise Artist ・LAP DANCERが贈る超絶 japanoise

今、欧米のノイズ・アーチストにとって、日本は「最後の憧れの土地」であるという。

そんな米国人Noisician である、LAP DANCERの紡ぎ出す苛烈なエレクトロ・ハーシュノイズは、日本ノイズへの大いなるリスペクトが生み出した、japanese noise 以上に japanesenoise を感じさせる音群である。 

LAP DANCER:米国人Noise Musician=Jamie. Grefeのソロプロジェクト。米国はじめ、韓国、日本でも活動。その音楽性は、日本人Noisician以上にjapanoise的である、という奇妙なパラドックスの上に成り立っている。

<LIVE情報>LAP DANCERャパノイズイベント@恵比寿MILKに出演!

 

LAP DANCERBird Calls    JAPANOISE RECORDS

Lap Dancer:Bird Calls

1. The Epileptic Anemic Blinking Black

2. Only a Bird Whimpering on the Oscillating Table

3. An Orifice Examination

4. Enveloped By Your Putrid Flower

5. Silent Breeze Near Flowing Water

6. X Always Weeps Over Me

7. Approaching Emptiness Turning Blue 8. Turgescence

J. Grefe: Pedals, Voice, Microphones, Laptop, Field Recordings, Sampler

price:1000yen(CDR)

Produced and all playing by LAP DANCER

Exective produced by Mac ITO

SHOPページへ

ORDER

TOP

LAP DANCER

                                (日本語訳:Nori)

Lap Dancerは、ラップトップ、アナログペダル、マイク、サンプラーや音を出すオブジェクトを使い、実験的なエレクトロニクス音やミュージック・コンクレート、ハーシュノイズで、催眠状態と混乱をミックスした音を作る。

Lap Dancerは、米国、南米、カナダ、ヨーロッパ(Swampland,noise, PacRec, Audiobot, Self-Satisfied, Green Ox Sound,Opposite Records, Knife in the Toaster, Shit-Eye Cassettes and Xdey Recordings等のレーベル)そして日本のレーベルでフルアルバムをリリースしている。またスプリッツCD(the Rita, aodl, Mutant Ape)やコラボレーション (Hidekazu Wakabayashi, Nesin, aodl, Zoon)等 、様々なコンピレーションに登場している。

また、Bonnie"Prince" Billy, The Youngs, The Stares, AsvA, DOT., Nesin and Calla等のアーチストの知己を得て、彼らの作品の新たな解釈やリミックスにも取り組んでいる。

Lap Dancer の取り組んでいるテーマは、セクシュアリテイや孤独、映画や文学、さまざまな強迫観念などの問題である。

 

                                                                     " 存在は失敗によって輝く" An Existence Transfigured by Failure" - E.M.シオラン

 

Lap Dancerの作品レヴュー

「これは何?」自分は地球上にいるのか、と疑ったよ。「誰かいるか−!」 

Man WHAT THE FUCK IS THIS SHIT !!

-カリフォルニア州 サンホゼのリスナー

 

雰囲気のある偉大な職人気質の映画音楽のハンター。 

観客は一人もいないけど、外国船の探検シーンでこの音を流したら、どんなに身の毛がよだつか、きっとそれで大評判を得られるだろうね。

-テネシー州、ノックスビルのリスナー

 

Lap Dancerが使っているハイピッチノイズで耳がやられちゃった。 あの音をヘッドホンで聴いたことある? あんなひどい仕打ちに耐えられる耳はないと思うよ。

実は、何かの間違いじゃないかと思ってもう一度曲をかけるところなんだ。僕はもしかしてマゾかも。さて、やってみるか。。。ああ、やっぱり同じだ。 聞きながらレヴューを書けないのは、この曲が初めてだ。

だから、曲のムードと音のコメントだけをすると、まず、ムードがないんだ。 何も面白いことをしていない。 それか、Lap Dancerがあえて、イライラさせるムードを作ったとしたら、それは成功したね。 

実にわからないのは、なんでこの音をサイトに載せたのか、ってこと。どうせすぐゴミ箱に捨てるのに。 音については、ヒドイ。 一つのコード、それだけ? あのハイピッチ・トーンは最悪。聞いたことがない。真剣じゃないんじゃないの? それとも人を苦しめるのが好きなの?  

-イリノイ州 シカゴのリスナー

 

最近、Lap Dancerは、ノイジシャンやコラボレーションで実験的なことをしたい人、自分の音源のリリースに興味のある人との連絡を希望している。どんなに小さなレーベルも、もちろん歓迎。 

「Anton Fier が言っていたように "なんでもあり" だから、 そう、可能性を探検しようよ。気軽に連絡ください。」

Lap Dancerの連絡先は: lapdancer6969jp@yahoo.co.jp

 

 

Lap Dancer primarily uses laptop, pedals, microphones, samplers and found sound objects to create a hypnotic and unsettling blend of electronic experimentalism, musique concrete and harsh noise. LD has released full-lengths on American (North and South), Canadian, European and Japanese labels, splits (the Rita, aodl, Mutant Ape, etc.), collaborations (Hidekazu Wakabayashi, Nesin, aodl, Zoon) and various compilation appearances. LD has reinterpreted (with permission) the works of: Bonnie "Prince" Billy, The Youngs, The Stares, AsvA, DOT., Nesin and Calla. Currently, Lap Dancer is seeking submissions from noisicians and otherwise who crave experimentation via collaboration or are interested in releasing his (my) material. Of course, all small labels are welcome. As Anton Fier once said, "Anything is possible." Yes, let's explore possibilities. Please feel free to get in touch.

"An Existence Transfigured by Failure" - E.M. Cioran

Lap Dancer's email is: lapdancer6969jp@yahoo.co.jp

 

"Reviews of Lap Dancer"

"That high pitched noise you're using has damaged my ears. did you ever listen to this on a pair of headphones!? i'll bet you didn't because no ears can take that kind of punishment. I'm actually going to reload the song to see if it's some kind of mistake. I must be a masochist. alright, here I go....yup, same thing. this is the first song for a review that i will not keep listening to as I write. so here's some comments on the mood and the sound. one, there is no mood. you've done nothing interesting here. or tell me that your intent with the mood was to annoy, because that you accomplished. i actually can't see why else you would put this on the site except to see how bad someone can trash it. as for the sound, it's terrible. one chord. that's it? that high pitched tone was the worst sound i've ever heard. tell me that you're not serious and doing this only because you like to make other people suffer."

- Listener from Chicago, IL

 

"what is this. am I in space. What? Hello........anyone out there. Man WHAT THE FUCK IS THIS SHIT."

- Listener from San Jose, CA

 

"A potential soundtrack haunter with great craftsmanship of atmosphere. It doesn't really have an audience, but it gets plenty of credit for just how goddamn creepy it could be if combined with an alien ship exploration scene."

- Listener from Knoxsville, Tennessee