japanoise.net

 

 

 

 

 

 

柘榴通信 其の1

 

柘榴通信 其の2

 

柘榴通信 其の3

 

柘榴通信 其の4

 

 

TOP

Noisician's  Essay
立島夕子

立島夕子の柘榴通信    其の伍「シュプレヒコール」   

異色画家にしてパフォーマー。ジャパノイズ界の狂気の歌姫・立島夕子の書き下ろし。「柘榴通信」、第5弾。  NEW

                                      (写真:伊藤 まく)

 
 

イラク戦争開戦まじか、私は反イラク攻撃のデモに何度も参加した。

頭上には、石粉粘土で作った人の頭とほぼ同じ大きさの生首 「木代羅」を掲げていた。私の作る立体生首は皆、戦争で殺さ れた人間への捧げものであり、象徴だ。私の祖母は第二次世界 大戦で夫を亡くした。まだ祖母は24歳だった。 ノブオとチヨ ノは永遠に引き裂かれた。祖母は、まだ、24歳だった! 

デモ隊の出発は宮下公園からだった。メガホンで学生達が叫 ぶ、叫ぶ!!「イラク戦争止めろ!」「イラクの子供たちを殺 すな!」「NO WAR!!」「STOP THE WAR!! 」私も木代羅を掲げて叫んだ、普段ハードコアパンクのライブ に行ってデス声で叫ぶ癖で、私一人だけデス声で「NOーーW ARーーーーー!!!」と喚いていた。

ふと、私をバックに綺麗に着飾った女二人が、ふざけて携帯 で写真を撮ってピースしていた。振り向きざまに女が馬鹿にす るような顔で笑った。                                               私の口の中の赤い怒りが見えただろうか。それは、怒り、怒 り、・・・よりにもよって殺意だった。                                                                                        ノブオはチュウシで戦死したんだ、その弟のテツジも船ごと ヤラレて骨も戻らなかったんだ、チヨノは幼い子供二人抱えて 生き地獄を絶叫しながら生きてきたんだ、原爆2世3世という 言葉知らんのか、今この瞬間に人が、死んでゆくかもしれない のに!    

「 あたしは慟哭した、おんなふたりめがけて。                                              「NOーーーーーWARーーーーーーーーー!!!!」

                                                     

 

[立島夕子情報]なかおちさととユニット「メロドラマ」結成。3月にデヴューライブ予定。

立島夕子の妖しい世界にさらに足を踏み入れたい貴方に・・・・

ホームページ               「立島夕子の地下要塞

立島夕子の連作小説が読める!>> 小説・「幻想曲」