japanoise.net

 

 

 

Discography

インタヴュー1ュー   NEW

 

 

home page

 

有馬純寿 home page

 

 

 

TOP

Click here to visit our sponsor

Noisician's Profile
VENUS IN VIRGO

Reiko.A(ex.Merzbow)と、音響工作者・有馬純寿が奏でる妙なる耽美の世界。Reiko.Aは電子時代のシャーマンか?

VENUS in VIRGO: REIKO.Aと有馬純寿と による、女声を中心とするユニット。

基本的にはREIKO.A がヴォイス、有馬純寿がリアルタイムにその増幅、変形、解体、他要素を取り込んだ再合成などをコンピュータを用いて行なっていく。

 

Reiko.Aは、電子時代のシャーマンである。    伊藤まく (メシエ31)

轟音と諧謔の間を駆け抜けてきたあとで、Reiko.Aが見出したのは詩(うた)であった。      かつてシャ-マンが、異世界との交信を成し遂げ、いまだ聞こえぬ声を語った時代があった。   Reiko.Aと有馬純寿のDUOがその限りなく沈黙に近い表現を通してかすかに私達に伝えてくるのは、私たちは今何を語れるのか、という問いかけである。                       Reiko.Aは、電子時代のシャーマンである。

VENUS in VIRGOについて               REIKO.A

そのユニット名は、占星学に由来する。                                  すなわち、ギリシャ神話で愛と美の女神であるヴィーナス(金星)は、古代バビロニアでは戦いの女神イシュタルと呼ばれてもおり、現在、ヴィーナスという名称から想像されるような優雅さのみならぬ、野蛮さや欲望といった洗練されざるパワーを持っていた。                    しかし、それが天空でヴァーゴ(乙女座)に座するとなると、その本来持つ力は抑えられ、秘められたものとなる。だが、秘めたところでその本質は変わらない。むしろ、秘められた分だけ、そのエネルギーが内側で燃えさかることになるだろう。                              というREIKO.A の私的解釈から、この名は「隠し持った原初の力」、もしくは、「より強大なエネルギー」を象徴するものとなった。むろん、封じられたがためにかえって手なづけがたくなったヴィーナスの混沌たるエネルギーを空間的に引き出していくことが、VENUS in VIRGOの目指す方向となるだろう。                                 

 ちなみに、REIKO.A は実際にVENUS in VIRGO(金星を乙女座に持つ者)であり、有馬純寿は、MARS in VIRGO (乙女座に火星を持つ者)。                                火星も戦いの神であり、普通単純にエネルギーと言えばこちらの星に象徴されるが、これも乙女座に位置すると、その力をいささか抑制されることになる。そのような障害とも取れる位置に、それぞれ陰と陽の相反する性質を表す金星と火星を持った者どうし、むしろ補完し合って同じ方向に向かっていけるのではないかという観点からこのコンビネーションは結成された。            (というのは冗談で、実はこの星の配置は後から調べて気づいたのだけどね。まあ、直観だったということにしておこう。)