japanoise.net

 

 

 

 

Discography

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Click here to visit our sponsor

 

TOP

 

 

 

Noisician's Profile
宮本尚晃 Naoaki Miyamoto

インタヴュー「ノイズ遍歴を語る」掲載  

俊英ギタリスト宮本尚晃Miyamoto Naoaki)によるサンプリング・ノイズの応酬

サンプリング、フィードバック等を駆使したノイズ音場を現出させているノイズ・ギタリスト。ユニット名・MNSとして、ソロ・プロジェクトも展開してきたが、最近は個人名「宮本尚晃」としての活動が定着。 宮本尚晃・もしくはMNSとして、"Live at 20000V" "incredible noise guitar"等の作品を発表している。

また、ライブ企画“知覚/眩暈”シリーズを主宰してきたことでも知られる。最近の動きとしては、向井千恵の打鈍にもギタりストとして参加している。

 

知覚/眩暈 体験 (Vol.8.於 高円寺ショウボート)    by 辛子明太     

河端一、成田宗弘(ハイライズ)に続き、最後にM.N.S.の登場。 ステージ中央に積んだ、でかい2つのアンプを前にして、男性が一人、ギターを弾きました。 ハウリングがとてつもなく、耳がどうにかなっちゃうんじゃないかと冷や冷やしたほどの音量。 エフェクターなしのエレキギター・一本勝負には、清清しいものがありました。         

演奏がどうこうというより、M.N.S.にとっての関心は、音それ自体にあるのでしょう。馬鹿でかい音量世界の中で、音の構造をまざままざと見せつけられた思いがしました。切り口がきれいにばっくり開いていたなぁ。

 

インタヴュー「宮本尚晃・ノイズ遍歴を語る」         

俊足のノイズギタリストが語る自らの音楽歴。 今明かされるノイズギター誕生の瞬間!

Q.最近、向井千恵さんの「打鈍」公演に参加されていますが、これからも参加されるのですか メンバー、もしくは準メンバー、という感じなのでしょうか?

A(宮本). これは大将(向井さん)が決めることなので、私からはなんとも…。今のところ、山本精一さん(ボアダムス)欠席時の代打ですね。

Q.ギターを使うようになったいきさつは、どういうものでしょうか?

A.ギターを始めたのは12歳の頃です。当時バンドブームで、女にもてたくて*親にギ ターを買って貰いました。(クラシックギターでしたけど。) [*註:良くあるパターン。俺もだ。]

Q.どうして、ノイズといわれているような音楽の道に走ったのでしょうか?

A.よくある音楽遍歴ですけど、 ロック・ハードロック・ブルース→プログレ→ジャズ→フリージャズ・フリーインプ ロ→??? という感じでしょうか。今やっていることが、ノイズに当てはまるか分かりませんけ ど<笑>。                                     高校生のとき、高柳昌行のレコードを偶然2枚買ったことは影響があったかもしれません。そのレコードをよく聴き込んだわけではありませんが、最初のアバン ギャルドな音楽体験だったので。                                                                                                           Q.現在のような活動を始められたいきさつは? 

A.18歳の時に音楽活動をする為に上京しました。                         その時はバンドがやりたかったのです が、なかなかメンバーが見つかりませんでした。   そこで、20歳のときにソロ演奏を始 めたのです。                          それから約2年間くらい、ショーボートや20000Vのブッキングに 出演していたんです。ただ、そういったライブハウスのブッキングって、お客さんも いないし(ひどい時は0人でした)、いくらやっても誰にも観てもらえない…。それ に気がついて、"知覚/眩暈"というライブイベントを企画して、出演することにしま した。

Q.なぜ、大音量なのですか?

A.ロックだから!

Q.リスペクトする、あるいはアイドルのミュージシャン、とかいますか?

A.今ぱっと思い浮かぶのは、Bjork、Jah Shakaでしょうか。60年代や70年代の音楽 は勿論好きですが、それに固執しない柔軟な発想があるものに興味があります。

Q.楽器とかこだわりありますか? 使っているギターは? エフェクターは?  アンプは?   「ヤング・ギター」みたいですが。

A. 今はレスポールと古いフェンダーアンプのみで、エフェクターは使っていません。 ア ンプは重いので、最近はアンプシュミレーターで代用することもあります。恥ずかし いけど、ギターの音とか、やっぱこだわってます。音の良さが全てだと思っていると ころもあるので。

Q.今後の音楽活動の構想とかありますか?(たとえばノイズ以外とのコラボとか)

A.今後ソロは作品作りに活動をシフトしていきたいです。ライブをやる場合はダブ・クラブのサウンドシステムでやってみたいです。  

Q.国内/海外問わず、共演してみたいミュージシャンとか、いますか?

A.それもやっぱりBjorkかな??      

Q.お忙しいところ、ありがとうございました。

A. こちらこそ、よろしくお願いします。更新がんばってください!

(2002.05)