japanoise.net

 

 

 

 

 

 

SITE

 

 

 

 

 

 

TOP

 

 

 

ESSAY

舟沢虫雄   舞踏と音楽

 

舞踏家・蝉丸等の公演での舞台音楽を手がける舟沢虫雄が、今まであまり語られなかった舞踏と音楽のビミョーな関係について語る。 ノイズファン、舞踏ファン、舞踏音楽を手がけて見たい人なども必読!

舟沢虫雄の作品は japanoise.shop に出品されています>>

 

舞踏と音楽  その1         

 

こんにちは。舟沢虫雄と申します。舞踏公演の音楽を作らせていただく事が多いためか、japanoise.net主宰、 伊藤まく様より「舞踏と音楽について何か書いてくれないか」という旨のご依頼を受け、常日頃感じたり考えた りしている所を書く事と致しました。 尚、"舞踏"といわれてもピンと来ない方は、サーチエンジンで「舞踏」「暗黒舞踏」「butoh」などのキー ワードで検索をかけてみてください。大抵の踊りがそうであるように、舞踏もまた画像と実物の差が非常に激し いものではありますが、それでもなんとなくのイメージはつかめる事と思います。

舞踏の方々が音楽との関わる際に、他のダンスの方々と著しく違う傾向があるとすれば、舞踏の方々は「拍 (ビート)を無視して踊る傾向が強い」という事だろうと思います。 一口に舞踏といっても、モーツァルトで踊る方、ジョン・ケージで踊る方、中島みゆきで踊る方など、音の傾向 は全くさまざまですが、ビートに合わせて踊るケースは殆どありません。どちらかというと、「拍=ビート=計 測できる外的な時間」よりは、「内的時間=計測できない、その音楽を生じさせているエネルギー=内実」を 踊っている事が多いように思われます。

従いまして、舞踏のために音楽を作る場合、音を作る側と踊る側の「内実」がうまくかみ合うかどうかがとても 重要な問題であり、しばしば大きな壁となってまいります。 例えば、音を作る側が"舞踏家が舞台や客席をすべるように駆け抜けていく"のをイメージして、持続音を主体 とした曲を作っても、踊る側は中空を見つめて立ち尽くしてしまったり、逆に"舞踏家が痙攣してうずくまって いく"のをイメージして激しいノイズを作ったら、踊る側は楽しそうに暴れだしたりするとします。

この場合、音を作る側(この場合は私)と、踊る側の内実がうまくかみ合っておらず、踊る側は音の変化が多い ほど多く動いてしまっている、つまり、「音の数や量」といいますか、「音符の量」のようなものに合わせて 踊ってしまっているという事ではないかと思われ、音の側としてはつらいところです。

逆に、比較的うまく行きやすいケースとしましては、踊る側の内実が、音も振り付けもないままにいったん具体 的なイメージに凝縮されていて、尚かつ事前に決まっているべき事柄も大体決まっている場合が挙げられます。

「このシーンでは岩石の中、時間の海の中を、化石の魚がものすごいスピードで泳いでいる。その岩石であり時 間でもある海の中には風が吹いている。7分くらいで踊るつもりだが、その時々で前後するので9〜10分以上 で作っておいてくれ。」

みたいな事を言われ、尚かつこちら側がその言葉に対してはっきりと音を聞きとる事ができる場合。これは大抵 すんなり行きます。出来上がってから誤解だった、というような事は滅多に起きません。

とはいえ、舞踏の方々と音を作る側との内実には、常に深いみぞがつきまといます。 時折、「自分は音はいらない。あっても邪魔なだけだから無音で踊る」という方や、「自分は踊るのに音を必要 としていないが、客が退屈しないようにかけとくんだ」という方にお会いする事がありますが、気取りや厭味で はなく、「自分の内実と、自分の体内の時間だけで、踊るには十分だ」という事なのでしょう。

又、「音の時間と体の時間は所詮違うもの。大抵は音を作ってる方が引いて見れてるんだから、愛情をもって困 らせてあげればいいんだよ」と言ってくださる舞踏家の方もいるのです。

次回は、舞踏家でも音楽家でもない"何か"が公演を作っているケースについて書いてみようと思っておりま す。うまく言葉にできるかどうか、いまひとつ自信がありませんが。 それでは。

(2003.12.13UP)

舟沢虫雄の作品は japanoise.shop に出品されています>>

「月化粧」(右写真>>)

「蝉丸のための音楽」

「夜明け前双つ」

「否定の果て」