japanoise.net

 

 

 

Merzbow top

Discography

 

 

Material Action2

Rainow ElectronicsFor ge

 

Early Years 1 by K2  

Early Years 2 by K2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP

MERZBOW Disc Review

Veneology

Release, RR 6910-2 Feb 1994

1. Ananga-Ranga 29:03

2. Klo Ken Phantasie 9:22

3. I Lead You Towards Glorious Times 5:30

4. Slave New Desart 6:22

知る人とぞ知るデスメタルレーベル、Releaseからの作品。 デスメタルのレーベルなので、デスメタルをテーマにした作品。 というか、CDを再生してその轟音におののくでしょうね。 いつだったか、親からもらった20年ぐらい前のボロアンプが このCDで飛んだ事があります。そのぐらいすごい。あ、といっても 普通のボリューム(どんなボリュームだ)で再生する分には 全然問題ありません。が、近所迷惑は避けられないでしょう。

本人曰く、表紙のアートワークがSPKもどきで陳腐らしいのですが なかなかよく出来てると思います。というのも、ライナーを開くと 奇形(?)らしき人の写真や、何かのホルマリン漬けの写真など めちゃめちゃダークです。ライナーに"Fuck for Artdirect"と 書いてありますが、このころにArtdirectとなにかあったらしく なんだかすごい念を感じますね。理由「完成したCDを送ってこなかったらしい」

この作品、僕、個人としてはこの頃ののメルツの傑作だと思っているのですが やはりそのポイントは、この轟音と具体音の嵐。まるで戦争を思わせるような マシンガンの音、アラームの音、チェーンソーの音、とにかくすごいノイズ地獄絵巻。 まさに、この時期の頂点となる傑作。Releaseからの作品はとにかく音圧がすごい。

余談ですが、Releaseからリリースされているデスメタルなんかも持ってるんだけど やっぱうるさいです。っていうかボリュームがでかい。 このレーベルの方針なんでしょな。すごいよ。

 

Ecobondage

Distemper, DISTEMPER 001 Sept 1995

1. Ecobondage (Prison Of Taka-Ou + Blow Up) 30:08

2. Ha Ha Ho Bari [Mari] (Balloon + Contraction) 31:05

3. Ecobondage [Ending] 5:05

87年にZSFから発売されたLPのリイシュー。しかもレーベルが ジムオルークの元彼女のレーベル。 80年代のメルツを体験できる貴重なCD。これはいわゆる ハーシュノイズではなくて、様々な具体音や電子音が織り成す メルツワールドといった感じ。楽器にBalloonとか書いてあって 実際聞いてみるとなるほど。風船の表面を擦るような音が 入っていて、まるで精神を削られるような音です。

かなり精神的に参る内容で、水谷聖さんのキーボードが さらにダーク度を高めています。脱構築時代と秋田氏、本人は 言っていますが、一発録りなのでしょうか、かなり混沌とした 音で、フリーミュージックにも通ずるものがあります。 ディフィカルトミュージック?まるで暗闇の孤島に一人残されたような 気分にさせられる音です。だから滅多に聴きません。だってすんごいダークなんですもの。

特筆すべきはそのアートワークで、ライナーを出すと見開きになっていて 凄まじいデザインのコラージュが現れます。独特の日本の感じと西洋の感じが 一見ミスマッチに見えて、ちゃんと一体化しているのがスゴイ。 ポスターですね。こりゃ。拡大コピーしてポスターにするといいです。 そのぐらい良いアートワークです。

今子俊一(SMK)

 

Click here to visit our sponsor