japanoise.net

 

 

 

top

Discography

 

 

 

 

カセットReview 1 by K2  

カセットReview 2

 

 

 

TOP

homepage

MERZBOW Disc Review

今子俊一(SMK)

Rainbow Electronics

Alchemy Records, ARCD-017 28 Aug 1990

 1.Track1 (73:23)

Rainbow Electronics!!名前聞いただけでもブルッときてしまう。        アートワークが秋田氏フェイバリットのダダ風(かな?)。                メルツバウのCDのアートワークは素晴らしいものが多い。これもその一つ。    (これってメルツバウのCDの魅力の一つでもあるんだよね)             さて中身をあけてしまいましょう。と、いきなりメルツ印の轟音が空間を包みます。 過去の様々なライブ音源やスタジオ音源のカットアップという趣。というか内容。 いろいろな断片が顔を出しては隠れるといった感じで、音色の変化がすごい。  様々な断片の洪水、トラック1、73分勝負。

忘れてはならない美川さんのライナーノーツ。                      「Merzbowの凄まじい、あらゆる物の存立を根底から揺さぶるような音響上に結実しているのだから」                                     グッドアルケミーシリーズ、「ノイズの復讐」の記念すべき第一弾。         と、書くとなんだか恐ろしいけど、ノイズって楽観的だと思いますよ。僕は。     そんな暗い顔して、怖い顔して、「スゴイ音だろー!!怖いだろー!!」なんてやってませんよ。 一部の海外の凶悪ノイズをのぞいてはね。

メルツバウの入門に最適の一枚じゃないでしょうか。それと同時に Merzbox以外では、今ではほとんど手に入らない過去の音源が聴ける 貴重な作品でもある。ドラムが入ってたり、様々な具体音が入ってたり、現在のラップトップ作品では味わえない、独特の雰囲気を堪能できる。 最近の作品から聴き始めたリスナーにとっては、かなり面白い音源かも。

 

Great American Nude Live in U.S.A Crash for Hi-Fi  1990                                                                      Alchemy Records, ARCD-035 4 Sept 1991             

1. RRR Loft, Lowell, MA 11:58                              2. Babylon A Go Go, Cleveland, Ohio 6:55                       3. WFMU, New York 3:59                                 4. WJUL, Lowell, MA 8:40                                 5. Lowell University, Lowell, MA 9:51                          6. Edge Of The Looking Glass, Chicago, Illinois 4:45                 7. Middle East Cafe, Boston, MA 13:45                         8. Crash For Hi-Fi 17:20

ネット上で、このCDを持って写っている某アイドルの写真は有名(?)。       それはともかく、メルツバウの90年のアメリカツアー音源。              まず驚かされるのが、ライブの場所。RRRレーベルオーナーである ロン・レサードのアパートで行われたという音源が収録されている。                 アパート?メルツバウ?どう考えても水と油??どう考えても 繋がりませんね。しかし収録されているんだから、事実でしょう。                      というのも、アパートの住人を集めてライブをやったそう。               しかも苦情が来なかったらしい。アメリカっていったい・・・。              ライブ音源もさることながら、ライブの場所が面白い。                  ミドルイーストカフェという、普段は中近東の音楽を流している レストランで(マジで?)行われたものまで入っている。

ちなみに、ミドルイーストカフェのライブは、京都のヴァニラレコードから ビデオも出ています。実は僕、そのビデオ持ってるんですが レストランで行われたとは思えない内容。このツアーのメンバーはReikoさんと 秋田氏の2人。で、そのライブ映像はというと、メタルジャンクを床に叩きつけたり 叩いたりして音を出しながら、轟音が空間を包んでいる。なんとも信じがたい光景。 そんなアンビリな音源達を収録したCD。音はひたすた絶え間ない轟音と たまに聞こえるメタルの音。     なにかで読んだことがあるんだけど、日本のノイズ、いわゆるジャパノイズは エレクトロニック禅とか呼ばれているらしい。特にAUBE(中嶋さん)は 海外での評価が「禅」らしい。ちょっとおかしな情報に惑わされるわけでは ないけど、強ち間違いでも無いような気がする。というのも、ノイズ音楽は ノイズ好きにとっては、今で言う「癒し系」音楽なのでは?                                 好セールスをあげている、某リラクゼーションCDを聴きながらチルアウト する人間が全てではないよねっていうのも、人によって好きな音楽は違うから。 面白い友人が、「癒し系の音楽はうるさい」なんて言っていた。

それはともかく、禅に満ち溢れたノイズ。ひたすら続くこの轟音が ノイズ好きにとって、最大のチルアウトになること間違いなし。

最後のトラック「Crash for Hi-Fi」これはスタジオ作品で、 ブラックサバスをカットアップしたものが入っている。                               ライブ音源の後にスタジオ音源を入れるなんて、なかなか粋な計らいだが まさにこれはよい聴き比べになると思う。スタジオ作品ならではの メルツバウも楽しめる一枚で2度おいしい作品。                                 以上、なんだかビデオのレビューまでかねてしまいました。

 

Click here to visit our sponsor