japanoise.net

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TOP

 

 

Noisician's Profile

Bloom

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bloomは、ハワイで生まれ育った。その後渡米して、ワシントンで学ぶ。

現在は東京のストリート・シーンでギターを手に活動する、アジア系アメリカ人・Bloom。

その歌声は、深いところでのサイケデリックの影響を感じさせる

フォーキイ・ノイズ、とでもいうべきもの。

"You are Thunder Star”と深く静かに歌う彼の歌声を聴いてみるがいい。

 

[ライブ情報]                                                          2月27日(日) at 早稲田ジェリージェフ   ジャパノイズ・ネット企画 Stoned Soul Picnic Vol.9             出演:Bloom、アベ・ミキ、伊藤まく(ITO)、オガワテツオ                               

7時開演 チャージ:1200円  東京都新宿区西早稲田2-3-24 上田ビル1F   TEL:03-3208-1839

3月13日(日) at 池袋SCUM2000 “Cavalet Waikiki”  Stoned Soul Picnic Vol.10                出演:小原由紀、イシデタクヤ、Peter Bloom、水晶の舟、京子、 伊藤まく(ITO)、みのとにけ、村田しほ子&フレンズ、 野村あゆみ                                                                    5時半開演 チャージ:1200円  東京都豊島区東池袋3-9-13 岩下ビルB1F    TEL:03-3988-7684 syousai      詳細   問い合わせ・予約:mail@japanoise.net

Bloomが影響されたのは、

The Velvet Underground、Syd Barrett、ヘルマン・ヘッセ、村上隆、D.T. Suzuki、

老子、荘子、ゲーテ、黒澤明、クラシック、アジア音楽、ハワイの海、ハワイの夕日・・・・・・  

 

どうも、ブルームです。

次に載せるのは、最近書いた詩のかけらです。

 

ぼくは君にあったことがある

大むかし、公園で、海で、山で、川で・・・

"いつまでも変わらない"って約束したけど・・・

でも、君は変わってしまった

 

川はまだ流れている

空は今も青い

それはいまもほんとのこと

君がそうあってほしいと望むなら・・・

The river still flows, the sky remains blue, it's still true, if you want it to be...

(写真は、幼少期の Bloom)

indieville.com でも、Bloomを取り上げている。

 http://www.indieville.com/reviews/bloom2.htm

 

レヴュー BY Matt Shimmer(抄)

Bloomが帰ってきた!彼のカセットをレビューして間もないけれど、今度は彼の CDRを聴くことができる。さわやかな空気の息遣いのような・・・。CDの2曲は短くドリーミイなアコースティック・ナンバーで、共に美しい。

ブルームのソングライターとしての才能は明白だ。彼はスペイシーかつロー・ファイな、とてもユニークな曲を創り出す 。彼のボーカルは時として歌う代わりに呻いたりするときなど、ちょっとドラッグ中毒?気味になったりもする。

ベストトラックは "Unbound"で、暗く、たたみかけるナンバー。朝もやと猫の持つパワーが交じり合ったような不思議な曲だ。この曲のラフに聞こえるが、とてもメロディアスで、宇宙的でミステリアスな雰囲気を持っている。

ブルームの次のリリースにとても期待している。そう遠からず、彼がいずれかのインディーレーベルと契約するのは『間違いない』だろうから。

 

Bloomはただ今、新作をレコーディング中。japanoise.recordsよりリリース予定です。