japanoise.net

japanoise EVENT&LIVE情報

 

雑音舞踏 #1」    Stoned Soul Picnic Vol.7

10月21日(木) 武蔵小金井アートランド (042-383-6155) 7時半開演 

〒184-0004東京都小金井市本町1−16ー6小金井マンション1B (JR中央線武蔵小金井駅下車・南口左折直進・ジャノメ通り沿い徒歩2分)

    当日1800 円、予約1500円   問い合わせ: mail@japanoise.net

出演:伊藤 まく (NOISE)  / 佐藤 麻耶(舞踏)  / 村田しほ子(ダンス) 

ジャパノイズ伊藤まく(ITO)が電子ノイズを駆使して舞踏家2名とコラボレーション!

ソロ活動を開始以来、ノイズと舞踏の架け橋となる コラボレーションを着実に積み重ねてきた伊藤まく。

今回よりこれを「雑音舞踏」シリーズとして 連続企画化していく。

第一回は、舞踏界からは佐藤麻耶、 コンテンポラリーダンスシーンからは新進気鋭の村田しほ子を招いて、

2組の全くタイプの異なるサウンド/ダンス・コラボレーション を展開する。

TOP

 

佐藤麻耶

北方舞踏派に参加。大野一雄などのもとで舞踏を学んだ。

バプル期には六本木ブルート一でショーダンサーとして活躍するなど、多彩な舞踏経験を 持つ。

中野PLAN−Bで定期的に公演を続けてきたが、03年秋には渋谷ガンベッタで3ケ月連続公演を行った。

この11月に高田馬場で上演される舞踏劇「蜘珠女の誘惑」では蜘珠女を演ずる。

ガニメデ舞踏研究所主宰。

 

 

村田しほ子

幼少時よりモダンダンスを学び、近年コンテンポラリーダンスの新しい領域にチャレンジ。

04年7月には千駄木プリックワンで共同公演。

日常の中に潜む違和感覚をパフォーマンス性を盛り込んだダンスで表現した。

また04年5月より、高円寺のカオス的アートスポットとして一部で注目される無力無善寺に定例出演。

雑誌・「散歩の達人」7月号の高円寺・阿佐ケ谷特集の誌面では 「神がかり的なダンスを踊る20代の美女

としてイラスト入りで 紹介された。

 

この2名の踊り手の芸風はまったく異なり、伊藤まくがこれに対し どのようなサウンド・アプローチでコラボレーションを行うかが聴きどこ ろである。

電子ノイズ(デジタル/アナログ)を始めとして、ギター(EG/AG)、 ピアノ・キイボード、ヴォーカル/ヴォイス、

電子ヴァイオリンなど、多様な表現手段をもつ伊藤まくだが、今回の二人とのコラボでどのような手法を用いるかは「リハーサル進行中」でもあり

未公開である。ただはっきりしているのは、 エレクトロニクス機器によるノイズを演奏することである。

会場PAの特性ゆえ、音響系ないしアンピエントな展開が主流になるかもしれないが。

 

電子ノイズ演奏という、いわば肉体性と対極にあるとおもわれがちな表現行為と、舞踏/ダンスという、

まさに自らの肉体を表現行為の唯一の手段とする方法論の本来的な異質性が、

同一の時間・空間という共時性(シンクロニシテイ) の中で、果たしてどのような化学反応を起こすのかは、興味が尽きないところである。

果たしてミシン台の上で出会うのは、何と何なのであろうか?

これはもう、自分自身の耳と目で確かめるしかない!

過去のJAPANOISE EVENT

 

Stoned Soul Picnic Vol.4

MITOKAWA(T美川+伊藤まく)他 

 

 

Stoned Soul Picnic Vol.5

灰野敬二vs伊藤まく 

 

Stoned Soul Picnic Vol.6

AUGUST DISSONANCE

 

Stoned Soul Picnic Vol.1

 

Stoned Soul Picnic Vol.2

 

 

Stoned Soul Picnic Vol.3

その他の主な参加EVENT

TRANSILVANIA

DVD製作中(there)

 

INSTREAMS10

 

ITO LIVE(抜粋)

2003.3 Penguin House

 

2003.5 BIN SPARK

 

2003.9 BIN SPARK

 

 

2004.7 Penguin House/無力無善事寺

2004.9 Penguin House